Category: オンラインカジノ必勝法

マーチンゲール法を徹底解説! オンラインカジノ必勝法

マーチンゲール法とは

martingale method

マーチンゲール法とは、「ゲームに負けた場合、次ゲームの賭け金を倍額にする」というシンプルな攻略法です。

マーチンゲール法は、「理論上は必ず勝つ」と言われており、「チップコントロール」や「投資法」と呼ばれる場合もあります。

マーチンゲール法が有効なカジノゲームは、「バカラ」「ブラックジャック」「ルーレットの赤・黒賭け」などの「勝率50%かつ配当倍率2倍」のゲームです。

マーチンゲール法は、非常にシンプルな攻略法で初心者の方でもすぐに実践できる魅力的な攻略法となっています。

マーチンゲール法の使い方

ここでは、マーチンゲール法の使い方について説明します。

マーチンゲール法は、「ゲームに負けた場合、次ゲームの賭け金を倍額」にしていきます。いわゆる倍プッシュをしていく手法です。

・マーチンゲール法の手順

①「勝率50%かつ配当倍率2倍」のカジノゲームを選択する。

②初回に賭ける額を決める。

③ゲームの勝敗によって次ゲームの賭け金を変える。

 ・負けた場合:次ゲームでは倍額を賭ける

 ・勝った場合:攻略法をリセットして初回の賭け金に戻す

・マーチンゲール法の実践例

「勝率50%かつ配当倍率2倍」のゲームを賭け金1ドルからスタートした場合

ゲーム数賭け金勝敗収支次ゲーム賭け金
11負け-11×2=2
22負け-32×2=4
34負け-74×2=8
48負け-158×2=16
516勝ち+11

このように、負けた場合次ゲームに倍額賭けていくだけの簡単な賭け方です。

初回に賭ける金額は自由に設定することができます。

1度でも勝つことができれば、負けた分の全額を取り戻すことができます。

マーチンゲール法のメリット

ここでは、マーチンゲール法のメリットについて説明します。

・連敗が続いても1度勝てば全額負け額を取り戻すことができる

マーチンゲール法は、何度負けても1度勝つことができればこれまでの負けた金額の全額を取り戻すことができます。

仮に、20連敗してしまった場合でも21ゲーム目に勝つことで、20連敗分の負けた金額を全て取り戻すことができるのです。

また、初回に賭けた金額分利益を得ることができます。

1ドルからスタートした場合は、「これまでの負けた金額+1ドル」ということになり、もし100ドルからスタートした場合は、「これまでの負けた金額+100ドル」となり、100ドル利益として獲得することができるのです。

・初心者の方でも簡単に使用することができる。

マーチンゲール法は、「ゲームに負けた場合、次ゲームの賭け金を倍額にする」と「勝った場合は攻略法をリセットして初回の賭け金に戻す」という2点を抑えておくだけで簡単に使用することができる攻略法です。

他の必勝法や攻略法は複雑なルールがある場合が多いですが、マーチンゲール法は非常にシンプルで覚えやすい攻略法のため、カジノ初心者の方でもすぐに使用できます。

マーチンゲール法のデメリット

ここでは、マーチンゲール法のデメリットについて説明します。

・連敗が続くと莫大な資金が必要となる

マーチンゲール法は、負けた場合倍額にして賭け続けるため、負けが続く度に大きな資金が必要となってきます。

仮に、1ドルからゲームをスタートした場合、9連敗後の10戦目に必要な賭け金は512ドルにも膨らみます。もし、10戦目も負けてしまい10連敗してしまった場合の負債総額は1023ドルにもなってしまいます。

マーチンゲール法は、「勝率50%」のゲームで使用する攻略法のため、10連敗することは滅多にないと思いますが連敗続きには注意が必要です。

・連敗が続くと最大ベット額に到達してしまう場合がある

カジノゲームは、ゲーム毎に「最大ベット額」が設けてあります。

そのため、資金はあったとしても連敗が続いてしまい最大ベット額に到達してしまった場合は、マーチンゲール法のシステムは崩壊してしまいます。

ゲームをプレイする前に、最大ベット額を確認しておくようにしましょう。

まとめ

martingale method

今回は、マーチンゲール法の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

マーチンゲール法は、「ゲームに負けた場合、次ゲームの賭け金を倍額にする」というシンプルな攻略法のため、初心者の方でもすぐに使用できます。

連敗が続いてしまっても1度の勝利で負債額を全額取り戻すことができる点が最大の魅力です。しかし、注意するべき点もありますのでよく理解して使用してください。

マーチンゲール法を使用してカジノをプレイしてみたい方は、オンラインカジノ「ラッキーニッキー」でプレイすることをおすすめします。

モンテカルロ法を徹底解説! オンラインカジノ必勝法

モンテカルロ法とは

montecarlo method

モンテカルロ法とは、少ない勝ち数でも利益を得ることができる攻略法です。

モンテカルロ法は、数多くある攻略法のなかでも「マーチンゲール法」の次に有名な攻略法として知られています。

モンテカルロ法は、2倍配当ゲームでも使用できますが、3倍配当ゲームで使用した方が効率良く利益を出すことができます。

モンテカルロ法を使用する時は、メモが必要となるため実践する前に紙とペンを準備しておきましょう。

モンテカルロ法の使い方

ここでは、モンテカルロ法の使い方について説明します。

モンテカルロ法は、連敗してしまった場合でも少ない勝ち数で利益を出せる攻略法です。

モンテカルロ法はメモが必須のため、紙とペンは必ず準備しましょう。

・モンテカルロ法の手順(1単位=1ドルとする)

①メモ紙に「1 2 3」と書きます。

②両端にある数字を足した額が最初の賭け金となります。

 「1+3=4ドル」

③ゲームに負けた場合、前回の賭け金を右端に追加します。

 「1 2 3 4」

④両端にある数字を足した額が次ゲームの賭け金となります。

さらに負けた場合は、③から④を繰り返し行います。

勝った場合は、ゲームの配当によって手順が異なるため、以下で説明します。

・2倍モンテカルロ法の使い方

2倍モンテカルロ法は、「勝率1/2、配当倍率2倍」のゲームで使用します。

2倍モンテカルロ法でゲームに勝った場合は、両端の数字を一つずつ消去し、残った数字の両端を足した額が次ゲームの賭け金となります。

「1 2 3 4 5 6」で勝った場合「2 3 4 5 」となり、次ゲームの賭け金は「2+5=7ドル」となります。

以上の操作を続け、数字が全て無くなるか、数字が残り1つになった時点で「1サイクル」終了となります。

・3倍モンテカルロ法の使い方

3倍モンテカルロ法は、「勝率1/3、配当倍率3倍」のゲームで使用します。

3倍モンテカルロ法でゲームに勝った場合は、両端の数字を2つずつ消去し、残った数字の両端を足した額が次ゲームの賭け金となります。

「1 2 3 4 5 6」で勝った場合「3 4」となり、次ゲームの賭け金は「3+4=7ドル」となります。

「2倍モンテカルロ法」同様に以上の操作を続け、数字が全て無くなるか、数字が残り1つになった時点で「1サイクル」終了となります。

モンテカルロ法のメリット

ここでは、モンテカルロ法のメリットについて説明します。

・連敗時の賭け金が少なくて済む

モンテカルロ法は連敗してしまった場合でも、賭け金が少なくて済みます。

分かりやすいよう、有名な攻略法である「マーチンゲール法」と比較してみましょう。

ゲーム数賭け金
マーチンゲール法モンテカルロ法
114
225
346
487
5168
6329
賭け金合計6339

このように、モンテカルロ法とマーチンゲール法は約1.6倍もの賭け金の差があります。

・3倍モンテカルロ法では1サイクル終了時に確実に利益を得ることができる

「勝率1/3、配当倍率3倍」のゲームで使用する3倍モンテカルロ法では、1サイクル終了時点でそれまで負けた額を取り戻すことができ、確実に利益を得ることができる仕組みになっています。

・賭け金に迷いがなく、落ち着いてゲームをプレイできる

モンテカルロ法は、メモを取りながらゲームを進めていくため、賭け金に迷うことなく落ち着いたゲーム運びをすることができます。

モンテカルロ法のデメリット

ここでは、モンテカルロ法のデメリットについて説明します。

・連敗が続くと1サイクル終了までに時間がかかる

モンテカルロ法は、負ける度に数字が増えていくため、連敗が続いてしまうと数字を消していくのに時間を要してしまいます。

また、勝ち負けが交互に続く場合もなかなか数字が消えず、1サイクル終了までに長い時間がかかってしまいます。

・大きな利益を狙えない

モンテカルロ法は、低リスクで損失を回収していく攻略法のため、大きな利益は狙えません。

大きな利益を狙いたい方は、他の攻略法をおすすめします。

まとめ

montecarlo method

今回は、モンテカルロ法の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

モンテカルロ法は、確実に損失を回収していく攻略法です。

また、連敗してしまっても賭け金が少なく、低リスクな点が魅力です。

モンテカルロ法は、1サイクル終了と同時に確実に利益を得ることができる「3倍配当ゲーム」で使用することをおすすめします。

モンテカルロ法を使用してカジノを楽しみたい方は是非、オンラインカジノ「ラッキーニッキー」でプレイしてみてください。

ハーフストップ法を徹底解説! オンラインカジノ必勝法

ハーフストップ法とは

ハーフストップ法とは、「既に獲得した目標利益額の半分を守る」という攻略法になります。

人間は欲深い生き物のため、勝ち続けていると「まだ勝てる」「まだ儲けたい」という心理が働き、いつまでも止められなくなってしまいがちです。

そんな方におすすめしたい攻略法がハーフストップ法です。

ハーフストップ法を使用すると、止め時が設定されるためせっかく得た利益を無駄にすることなくプラス収支でカジノ・オンラインカジノを終えることができます。

しかし、ハーフストップ法は自分が設定した目標利益額を稼いでから使用できる攻略法のため、まずは他の攻略法などを活用しながら利益を出すことが必要になります。

ハーフストップ法の使い方

ここでは、ハーフストップ法の使い方について説明します。

ハーフストップ法は、「既に獲得した目標利益額の半分を守る」という攻略法です。

つまり、目標利益額に到達後、目標利益額の半分を失った時点でカジノを止めるということです。

ハーフストップ法は、「勝率」や「配当倍率」を問わずどんなカジノゲームでも使用できます。ただ、計算しやすいのはやはり「勝率50%かつ配当倍率2倍」のゲームです。

では、使い方の手順を説明します。

①カジノをプレイする前に、目標利益額を決めてその半分の額も頭に入れておく。

②目標利益額に到達した時点で、ハーフストップ法の開始。

③損失が出て、目標利益額の半分の額になった時点でカジノ終了。

分かりやすいよう具体的な例をもとに説明します。

(例)「勝率50%かつ配当倍率2倍」のゲームを「資金100ドル、目標利益額100ドル」でプレイすることとします。この場合の目標利益額の半分は「50ドル」となります。

ハーフストップ法開始前


123456
賭け金304020205020
勝敗勝ち勝ち負け負け勝ち勝ち
収支+30+40-20-20+50+20
自己資金130170150130180200

ハーフストップ法は目標利益額に到達しない限り、使用できません。

表のように、6ゲーム目で自己資金200ドルとなり、目標利益額である100ドルに到達しました。ここからハーフストップ法の開始です。

ハーフストップ法開始後


123456
賭け金303030201050
勝敗勝ち負け負け勝ち勝ち負け
収支+30-30-30+20+10-50
自己資金230200170190200150

ハーフストップ法開始後、6ゲーム目で自己資金が150ドルとなり、目標利益額100ドルの半分である50ドルを損失したことになります。

これにて、カジノ終了です。トータル収支+50ドルで終えることができました。

ハーフストップ法のメリット

ここでは、ハーフストップ法のメリットについて説明します。

・目標利益額に到達した時点で、目標利益額の半分の利益が確定する

ハーフストップ法を使用することで、目標利益額に到達した時点でその半分の利益が確定します。つまり、その日はプラス収支で終えることが保証されるのです。

逆に言えば、「目標額の半分しか残らない」ということにもなります。しかし、絶対半分になるまでゲームをプレイしなければならないということではないため、プレイヤーの判断で半分以上で止めたい時に止めることも可能です。

・様々なカジノゲームで使用できる

ハーフストップ法は、「勝率」や「配当倍率」を問わずにいろいろなカジノゲームで使用することができる攻略法です。

他の攻略法は、様々な条件に縛られているケースが多いため、限られたカジノゲームのみでしか使用できない場合が多いです。

その点、ハーフストップ法は自分の好きなカジノゲームで使用できるため魅力です。

ハーフストップ法のデメリット

ここでは、ハーフストップ法のデメリットについて説明します。

・目標利益額に到達しない限り使用できない

ハーフストップ法は、「自分の定めた目標利益額に到達することで使用できる」という条件になっているため、到達しない限り使用することはできません。

目標利益額を達成するために、他の攻略法や必勝法を活用することをおすすめします。

まとめ

今回は、ハーフストップ法の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

ハーフストップ法は「自分で定めた目標利益額に到達すること」で使用することができます。まずは、目標利益額に到達できるよう他の攻略法などを活用しながらプレイするようにしましょう。

目標利益額に到達した時点でハーフストップ法を使用し、目標利益額の半分を保険金として保持することでその日は必ずプラス収支でカジノを終えることができます。

初心者の方でも簡単に実践できる攻略法のため、是非オンラインカジノ「ラッキーニッキー」で実践してみてはいかがでしょうか。

パーレー法(逆マーチンゲール法)を徹底解説! オンラインカジノ必勝法

パーレー法(逆マーチンゲール法)とは

parley method

パーレー法(逆マーチンゲール法)とは、ゲームに勝った時に使える攻略法で「前回賭けた金額の2倍の金額を賭ける」という攻略法です。

なぜ「逆マーチンゲール法」とも呼ばれているかというと、ゲームに「負けた時」に前回賭けた金額の2倍の金額を賭ける攻略法も存在し、その攻略法が「マーチンゲール法」と呼ばれているためです。

パーレー法が有効なカジノゲームは、「ルーレット」「バカラ」「ブラックジャック」などの勝率が50%のゲームです。

勝率50%以外のカジノゲームでは、この攻略法は効果的ではありません。

パーレー法(逆マーチンゲール法)の使い方

ここでは、パーレー法(逆マーチンゲール法)の使い方について説明します。

パーレー法の使い方は簡単のため、カジノ初心者の方でもすぐに実践することができます。

ゲームに勝った時に「前回賭けた金額の2倍の金額を賭ける」だけです。

分かりやすく手順に沿って説明します。

①勝率が50%のカジノゲームを選択する

パーレー法は、勝率50%のカジノゲームで効果を発揮するため「ルーレットの赤・黒賭け」や「バカラ」、「ブラックジャック」などのテーブルゲームを選択しましょう。

②ベットする

1ゲーム目の賭け金を1ドルからスタートした場合は以下のようになります。

・「1ゲーム目」1ドルベット

勝った場合、ベット額2倍 次ゲームのベット「1ドル×2=2ドル」

・「2ゲーム目」2ドルベット

勝った場合、ベット額2倍 次ゲームのベット「2ドル×2=4ドル」

・「3ゲーム目」4ドルベット

勝った場合、ベット額2倍 次ゲームのベット「4ドル×2=8ドル」

③ゲームの進め方

・勝った場合

ゲームに勝った場合は、前回賭けた金額の2倍の金額を次ゲームに賭けます。

・負けた場合

ゲームに負けた場合は、1ゲーム目に賭けた金額に戻して再スタートします。

パーレー法はこの作業を繰り返して行うだけです。

パーレー法(逆マーチンゲール法)のメリット

ここでは、パーレー法(逆マーチンゲール法)のメリットについて説明します。

・資金が少なくても大金を獲得することができる

パーレー法は、資金が少ない方でも実践できる攻略法です。

また、連勝を重ねることで少ない資金から大金を手にすることもできます。

1ゲーム目の賭け金を10ドルとした場合の例をみていきましょう。

ゲーム数賭け金勝敗収支
110勝ち10
220勝ち30
340勝ち70
480勝ち150

このように、最初の賭け金はわずか10ドルでしたが、4連勝することでなんと150ドルも稼ぐことができるのです。

少ない資金で大金を稼ぎたい方や資金が少なくなってきた時に一発逆転を狙いたい方におすすめです。

・短時間で一気に稼ぐことができる

カジノをプレイしている方はご存知と思いますが、カジノはなかなか短時間で一気に稼ぐことは難しいです。

しかし、パーレー法を使うと短時間で一気に大金を稼ぐことができます。

先ほど例にあげた「10ドルの資金から4連勝することで150ドルプラスになる」ように、連勝を重ねることができれば短時間で大金を稼げます。

最初の賭け金をもっと増やすと稼げる額も大きくことができます。

しかし、リスクも同じように大きくなるため注意してください。

パーレー法(逆マーチンゲール法)のデメリット

ここでは、パーレー法(逆マーチンゲール法)のデメリットについて説明します。

・1度でも負けてしまうと勝ち金が0になる

パーレー法は、連勝を重ねると大金を獲得することができますが、たった1度でも負けてしまうとせっかく積み重ねてきた連勝も水の泡となり勝ち金0に逆戻りしてしまいます。

そうなる理由は、勝った場合に次ゲームのベット数を毎回倍にして賭けていくためです。

そのため、「何連勝したら止める」や「いくら稼いだら止める」といった自分の止め時をプレイする前に決めておくことが大切です。

目標額を決めておかないとつい欲が出てしまい、だらだらと賭け続け結局負けてしまいます。

パーレー法を実践する時は、必ず目標額を設定して挑むようにしましょう。

まとめ

parley method

今回は、パーレー法(逆マーチンゲール法)の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

パーレー法は、少ない資金で大金を手にすることができる魅力的な攻略法ですが、同時にリスクがあることも理解しておくことが大切です。

せっかく連勝を続けたのに、「欲を出しすぎて無駄にしてしまった」というようなことにならないよう注意しましょう。

パーレー法を実践してみたい方は、是非オンラインカジノ「ラッキーニッキー」で実践してみてください。

10%法(テンパーセント法)を徹底解説! オンラインカジノ必勝法

10% method

10%法(テンパーセント法)とは

10% method

10%法(テンパーセント法)とは、「毎ゲームの賭け金を自己資金の10%とする」という攻略法です。

カジノゲームは「ギャンブル」として楽しんでいる方が多いと思います。

しかし、カジノプレイヤーのなかにはカジノゲームを「投資」としてプレイしている方もいます。

10%法は、カジノゲームを「投資」としてプレイしているような徹底した資金管理を行っている方におすすめしたい攻略法です。

10%法は、ゲームをプレイする時に持っている自己資金に合わせて賭け金をコントロールする仕組みになっているため、自分の感情に合わせた無謀な賭けをしてしまうようなことはありません。

連勝すると大きな利益を獲得することができ、連敗してしまっても損失を抑えられる点が魅力の攻略法です。

10%法(テンパーセント法)の使い方

ここでは、10%法(テンパーセント法)の使い方について説明します。

10%法は、「毎ゲームの賭け金を自己資金の10%とする」攻略法です。

「勝率50%、配当倍率(オッズ)2倍」のカジノゲームで効果を発揮します。

逆に、「勝率50%、配当倍率(オッズ)2倍」以外のカジノゲームをプレイする場合は有効的ではありませんので注意してください。

10%法の使い方は簡単で、毎ゲーム毎の賭け金を「賭け金=自己資金×0.1」として賭けていくだけです。

非常にシンプルな賭け方のため、初心者の方でもすぐに使うことができます。

分かりやすいよう自己資金が10~100ドルの場合の賭け金をみていきましょう。

自己資金計算式賭け金
1010×0.11
2020×0.12
3030×0.13
4040×0.14
5050×0.15
6060×0.16
7070×0.17
8080×0.18
9090×0.19
100100×0.110

このように、自己資金が多いほど賭け金は大きくなり、少ない時は賭け金も小さくなります。

10%法は、自己資金と賭け金のバランスが一定のため、徹底した資金管理を行うことができます。

10%法(テンパーセント法)のメリット

ここでは、10%法(テンパーセント法)のメリットについて説明します。

・連勝を続けることで利益は大きくなる

10%法は、連勝を続けると自己資金が増えていくため、賭け金も連動して増えていきます。そのため、勝ちを重ねることにより利益もどんどん伸びていくのです。

分かりやすいよう「自己資金100ドルから5連勝した場合」の例をみてみましょう。

ゲーム数賭け金勝敗収支自己資金計算式次ゲーム賭け金
110勝ち+10110110×0.111
211勝ち+11121121×0.112
312勝ち+12133133×0.113
413勝ち+13146146×0.115
515勝ち+15161161×0.116

このように、連勝を続けることで賭け金が上がっていき、連動して収支も上がっていく仕組みになっています。5連勝で+61ドルの利益を獲得することができます。

・連敗が続いても損失額は小さい

10%法は、連敗が続いてしまっても損失額が大きくなりづらいため、一気に資金が無くなることはありません。

分かりやすいよう「自己資金100ドルから5連敗した場合」の例をみてみましょう。

ゲーム数賭け金勝敗収支自己資金計算式次ゲーム賭け金
110負け-109090×0.19
29負け-98181×0.18
38負け-87373×0.17
47負け-76666×0.17
57負け-75959×0.16

このように、5連勝した場合の利益は+61ドルだったのに対し、5連敗した場合の損失額は-41ドルと小さくなっているのです。

10%法(テンパーセント法)のデメリット

ここでは、10%法(テンパーセント法)のデメリットについて説明します。

・五分五分の勝負を繰り返すと徐々に資金が減っていく

10%法は、五分五分の勝負を繰り返すと徐々に資金が減っていってしまいます。

分かりやすいよう「自己資金100ドルから3勝3敗した場合」の例をみてみましょう。

ゲーム数賭け金勝敗収支自己資金計算式次ゲーム賭け金
110勝ち+10110110×0.111
211負け-119999×0.110
310勝ち+10109109×0.111
411負け-119898×0.110
510勝ち+10108108×0.111
611負け-119797×0.110

このように、1ドルずつではありますが徐々に減っていってしまいます。

しかし、他の攻略法と比べると減少率はかなり低いためそこまで気にすることはないでしょう。

まとめ

10% method

今回は、10%法(テンパーセント法)の使い方とメリット・デメリットを解説してきました。

10%法はシンプルで簡単な攻略法のため、初心者の方でもすぐに実践することができます。また、勝利を重ねると大きな利益を獲得することができ、連敗が続いてしまった場合でも損失額は小さくて済みます。

10%法は、資金管理を徹底してオンラインカジノ・カジノを楽しみたい方におすすめの攻略法です。

興味のある方は是非、オンラインカジノ「ラッキーニッキー」で実践してみてください。

© Copyright mizz.jp | All Righths Reserved 2020