オンラインカジノと顧客のコミュニケーション

オンラインカジノと顧客のコミュニケーションを考える

カジノほど個人の信頼が要求される組織はあまりありません。カジノに資金を預け、ルールに従い、支払いを受けるものです。生活に必要な息抜きだという人はいたとしても、生活のためにカジノで遊ぶ人はあまりいないだろうと思います。実際のオンラインカジノを例に、オンラインカジノと顧客のコミュニケーションを考えてみましょう。

オンラインカジノ ラッキーニッキー

オンラインカジノラッキーニッキーhttp://luckyniki.jp/のサイトを見ていきます。

右側のメニューに「ラッキーニッキー日本語サポートについて」とあります。

慣れた人には鬱陶しく見えるサポートへのリンクは、トラブルに焦る心には頼もしいのです。

サポートページを見ると、日本語で対応する旨の他に「あなたのお好みの方法でコミュニケーションを取ることもできます。お電話、チャット、メールにて、サポートを承っております。」とありました。これはとても評価できる点です。

目的に即した効率の追求を

トラブルの解決や不明点の質問に対応するのはコストがかかります。複数の手段で受け付ければそれだけ手間はかかります。けれども顧客は訓練するわけには行きません。顧客個人の得意不得意に関して受け入れることなしには、コミュニケーションは成立しません。コミュニケーション手段が多いことでその可能性は増えます。

ニッキーがかわいい

やはりマスコットキャラクターがいると、親近感を持ちやすくなるし、コミュニケーションが取りやすい。こういうことも大切です。勉強になりますね。